• 蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
  • 蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
  • 蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
  • 蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
  • 蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
  • 蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
軸装
商品番号 : 15066
作者名 大田垣蓮月
作品名 蓮月尼キヌタ自画賛「からころもうつおときけはそてのつゆ くたけてもののおもはるるかな」
作家略歴

大田垣蓮月
1791~1875 京都生・歌人 俗名・誠 父は伊賀上野藩主藤堂良聖。歌を千種有功に学ぶ。夫と死別後、神光院月心の門に入る。富岡鉄斎を薫陶した。

立花大亀
1899~2005 大阪生・臨済宗僧侶 南宗寺で得度。徳禅寺住職。如意庵を復興し庵主となる。花園大学学長就任。

商品詳細
  • 紙本水墨・絹装 33×37 121×41
  • 立花大亀箱書
商品価格 230,000円
季節
年代 江戸後期,明治

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派