• 菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
  • 菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
  • 菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
  • 菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
  • 菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
  • 菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
軸装
商品番号 : 18096
作者名 雛屋立圃
作品名 菊花自画賛 「菊の香をかり取にする千草かな」
作家略歴

雛屋立圃
1595~1669 京都生・俳人 姓・野々口、名・親重、通称・庄右衛門、号・立甫、風狂子 雛人形の細工を業とし、雛屋・紅粉屋と称した。俳諧を松永貞徳に、和歌を烏丸光廣に学ぶ。奈良絵本「文正草子」などの作画もした。

大倉好斎
生年不詳~1863 京都生・古筆鑑定家。紀州徳川家に仕え、法橋に叙せられる。

商品詳細
  • 紙本淡彩・中廻辻が花染絹装 73×26 145×28 
  • 紙本少折レ少虫ナメ 
  • 大倉好斎極札付 
  • 箱入
商品価格 お問い合わせ
季節
年代 室町・安土桃山,江戸前期

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派