• 芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
  • 芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
  • 芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
  • 芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
  • 芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
  • 芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
  • 芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
文台
商品番号 : 22090
作者名 松尾芭蕉、狩野正栄至信
作品名 芭蕉村尾花文台写「ほとときすまねくか麦のむら尾花 桃青」
作家略歴

松尾芭蕉
1644~1694 伊賀生・俳人 名・宗房、号・桃青、泊船堂、芭蕉庵 松尾与左衛門二男。藤堂良忠(俳号蝉吟)に俳諧を学ぶ。京にて北村季吟に師事。連歌俳諧秘伝書「埋木」を伝授される。蕉風と呼ばれる句風を確立、俳聖と称された。

狩野正栄至信
生没年不詳 画家 名・至信 法橋に叙せらる、1789年8月、禁裏御殿廻筆者の一人。

蝶夢
1732~1795 京都生・俳人 号・五升庵 阿弥陀寺帰白院11世。芭蕉に私淑、菩提寺義仲寺で芭蕉百回忌を行う。

商品詳細
  • 狩野正栄至信 画
  • 高13 幅58 奥36
  • 表面少傷足裏少剥レ
  • 朱雁旧蔵
  • 朱雁(寛政二年)并蝶夢(寛政五年)箱書(箱本体欠)
商品価格 260,000円
季節
年代 江戸前期

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派