• 良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
  • 良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
  • 良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
  • 良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
軸装
商品番号 : 20032
作者名 良寛
作品名 良寛和尚和歌 はるのよの短冊「はるのよのおほろつきよのひとときを たかさかしらにあたひつけけむ」
作家略歴

良寛
1758~1831 越後生・曹洞宗僧侶、歌人 姓・山本、名・栄蔵、文孝、字・曲、法諱・良寛、号・大愚 18歳で光照寺玄乗の門に入る。のち円通寺国仙に師事、諸国を巡る。万葉風の和歌・俳句・漢詩・書を能くした。

安田靫彦
1884~1978 東京生・日本画家 名・新三郎 岡倉天心・小堀鞆音に師事。前田青邨らと紅児会を結成。日本美術院の再興に尽力した。良寛の書の研究家として知られる。

商品詳細
  • 紙本打雲編文様下絵入銀砂子・絹装 36×6 164×31 
  • 紙本少虫ナメ表具上部少シミ 
  • 安田靫彦箱書(二重箱入)
商品価格 400,000円
季節
年代 江戸中期,江戸後期

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派