• 瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
  • 瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
  • 瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
  • 瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
  • 瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
  • 瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
  • 瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
軸装
商品番号 : 12064
作者名 冷泉為恭
作品名 瀧自画賛「音のふてみれはこころも清らかに 尽ぬえにしの瀧そめてたき」
作家略歴

1823~1864 京都生・大和絵画家 名・晋三、永恭、号・心蓮 狩野永泰の子。蔵人所衆岡田家の養嗣子。古社寺の古画の研究をし新たな大和絵を創造した。有職故実を基本に行事、文学、歴史、人物、仏画などを描いた。歌も能くし、能書家としてしられる。

商品詳細
  • 紙本着色・絹装 129×28 221×43
  • 二重箱入
商品価格 150,000円
季節
年代 江戸後期

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派