• 浪華容舎待萱尊詩
  • 浪華容舎待萱尊詩
  • 浪華容舎待萱尊詩
  • 浪華容舎待萱尊詩
  • 浪華容舎待萱尊詩
  • 浪華容舎待萱尊詩
  • 浪華容舎待萱尊詩
浪華容舎待萱尊詩
浪華容舎待萱尊詩
浪華容舎待萱尊詩
浪華容舎待萱尊詩
浪華容舎待萱尊詩
浪華容舎待萱尊詩
浪華容舎待萱尊詩
軸装
商品番号 : 19059
作者名 頼山陽
作品名 浪華容舎待萱尊詩
作家略歴

頼山陽
1780~1832 安芸生・儒者 通称・久太郎、名・襄、字・子成、号・山陽、山陽外史 尾藤二洲、菅茶山に学ぶ。京都に住した。著書に「日本外史」。長男聿庵、次男支峰、三男三樹三郎は儒者。

頼聿庵
1801~1856 安芸生・儒者 名・元協、字・承緒、通称・余一 父は頼山陽。頼支峰、三樹三郎は異母弟。祖父頼春水、大叔父杏坪に学ぶ。家督を継ぎ、広島藩儒臣となる。

商品詳細
  • 絹本・絹装 115×42 199×57
  • 頼聿庵旧蔵并箱書(二重箱入)
商品価格 180,000円
季節
年代 江戸中期,江戸後期

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派