• 春興八首
  • 春興八首
  • 春興八首
  • 春興八首
  • 春興八首
  • 春興八首
春興八首
春興八首
春興八首
春興八首
春興八首
春興八首
軸装
商品番号 : 21107
作者名 与謝蕪村
作品名 春興八首
作家略歴

与謝蕪村
1716~1783 摂津生・俳人、画家 姓・谷口、俳号・宰鳥、宰鳥夜半亭、画号・四明、朝滄、長庚、春星、謝寅など 画を彭城百川、俳諧を早野巴人(夜半亭宋阿)に学ぶ。門下に呉春・几董・月居ら多くを輩出した。画家として文人画を大成、池大雅とともに活躍した。

松平四山
1800~1854 大名、俳人 名・直興、通称・英三郎、号・四山、瓢界、知足 松平直方長男。1817年出雲母里藩主松平家8代となる。俳諧を田川鳳朗に学ぶ。書画・茶道を能くした。古器物の収集にも傾倒。小林一茶の「おらが春」にも俳句が残る。母里藩中興の名君。

商品詳細
  • 紙本・絹装 38×10 162×26
  • 紙本少虫ナメ
  • 松平四山箱書
  • 「梅折て皺手にかこつかほりかな」「紅梅や比丘より劣る比丘尼寺」
  • 「鶯や比叡をうしろに高音かな」「うくいすの高音あたらしき心地候」
  • 「塊にむらくさ梅のあるしかな」「陽炎や簣に土を愛す人」
  • 「陽炎にしのひかねてや土龍」「雉子啼や坂をくたりのたひやとり」
商品価格 350,000円
季節
年代 江戸中期

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派