• 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
  • 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
  • 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
  • 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
  • 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
  • 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
  • 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
  • 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
  • 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
軸装
商品番号 : 17002
作者名 貫名海屋
作品名 徐文鳳漁艇図自画賛(嘉永2年)
作家略歴

貫名海屋
1778~1863 徳島生・儒者 姓・吉井、名・苞、字・君茂、子善、号・菘翁、海屋 はじめ木村蘭皐月・高橋赤水に儒学を学ぶ。京都で私塾須静塾を開き朱子学を教えた。巻菱湖・市河米庵とともに幕末の三筆と称された。

細谷立斎
1831~1911 讃岐生・画家 名・辰、通称・辰三郎、号・静黙、字・師古 父細谷松波に画を学ぶ。貫名海屋にも学んだ。兵庫県明石に住した。門人に山田介堂。

長尾雨山
1864~1942 香川生・書家、漢学者 名・甲、字・子生、通称・槙太郎、号・无悶道人 東京帝国大学卒業。幼少より漢学を学び、五高・東京高等師範学校の教授を歴任。内藤湖南と共に京都の双璧と称される。平安書道会副会長。

商品詳細
  • 紙本金砂子淡彩・絹装 135×49 213×66
  • 「京都佐々木竹秋氏蔵品本入札」大阪美術倶楽部(大正8年)目録所載并出品札付
  • 細谷立斎并長尾雨山箱書・共箱(嘉永4年)
商品価格 250,000円
季節
年代 江戸中期,江戸後期

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派