• 大黒自画賛
大黒自画賛
軸装
商品番号 : 20115
作者名 狩野探幽
作品名 大黒自画賛
作家略歴

狩野探幽
1602~1674 京都生・画家 幼名・采女、法号・探幽斎、諱・守信 祖父は狩野永徳、父は狩野孝信。16歳で御用絵師となる。二条城行幸御殿・名古屋城上洛殿・御所などの障壁画を手掛けた。鍛冶橋狩野派の祖。

古筆了伴 
1790~1853 古筆鑑定家 姓・平沢、名・最恒、通称・弥太郎、号・大蓬菴夢翁 古筆宗家10代。古筆了意の子。

大倉好斎 
生年不詳~1863 京都生・古筆鑑定家。紀州徳川家に仕え、法橋に叙せられる。

北村幽庵 
1648~1719 近江生・茶人 名・政従(まさより)、通称・左太夫、号・祐庵、道遂 藤村庸軒に茶を学ぶ。近江堅田に住した。懐石料理に通じた。作庭を能くし、師庸軒とともに「天然図画亭」を作る。

商品詳細
  • 紙本淡彩・絹装 87×26 166×28
  • 紙本少折レ少傷ミ
  • 古筆了伴并大倉好斎極書付
  • 北村幽庵箱書
商品価格 売約済
季節
年代 江戸前期

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派