• 「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
  • 「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
  • 「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
  • 「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
  • 「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
軸装
商品番号 : 17005
作者名 小林一茶
作品名 「下々の搰火してぬくもり居りける折から一声鳴きけれは 鶯にめんしてきらぬ薮木かな」
作家略歴

1763~1827 信濃生・俳人 名・信之、通称・弥太郎、号・一茶、二六庵、俳諧寺、蘇生坊など 葛飾派3世溝口素丸・二六庵小林竹阿・今日庵森田元夢らに師事し、俳諧を学んだ。俳諧集「おらが春」など。

商品詳細
  • 紙本水墨・絹装 24×36 106×38
  • 箱入
商品価格 230,000円
季節
年代 江戸中期,江戸後期

ご注文はこちら

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派