• いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
  • いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
  • いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
  • いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
  • いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
軸装
商品番号 : 18020
作者名 勝海舟
作品名 いかり図自画賛「かけとめむちひきのいかりつなをなみ たたよふふねのゆくえしらすも」
作家略歴

1823~1899 江戸生・政治家 名・義邦、鱗太郎、安芳、通称・安房守、号・海舟 島田見山に剣道を学ぶ。永井青崖について蘭学を修業、のち私塾を開く。大政奉還に尽力。維新後、新政府の海軍大輔・参議兼海軍卿・枢密顧問官となる。幕末三舟の一人。

商品詳細
  • 紙本水墨・絹装 128×54 205×68
  • 紙本少シミ
  • 箱入
商品価格 商談中
季節
年代 江戸後期,明治

作家から探す

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

季節

分類別

書画

各宗派